望みを見たときはなにか出る気がしてならない

空論を見ました。2日光誘発くらいで空論を見ました。空論を見たらなぜか分かりませんが、自分自身になにかあるか自分の近くでなにかが起きます。たとえば、今回は地震が起きたりしました。上昼間には、名称は聞いたことがありましたがどんな人かは思い付かのですが、有名人が亡くなったという知らせが入ってきました。インターネットの通信を見たときに知りました。なので、空論を見たらとにかくなのかは分かりませんが、およそなにか起こります。なので、空論を見たときは警戒しながら生活をしてある。今回の空論は、知らないところにいました。知らないところにいらっしゃる夢のうま味は、自分でも気がついていない自分自身の予想などを出すそうです。また、まれに病気や死を描き出すこともあるそうです。見知らぬ場所にいて不安になったり、物悲しい気持ちになる空論は、ネクストジェネレーションに対して不安を抱いていると感じるそうです。前向きな持ち味を忘れずにすれば素晴らしいみたいです。なにが生まれるのかは思い付かので気をつけたいと思います。

望みを見たときはなにか出る気がしてならない

明日の空模様とこどもの体調にヒヤヒヤしていらっしゃる

キッズが幼稚園に通っていますが、年長部門の催事が手広く楽しい事が目白押しです。一際夏休み前に残るお泊り保育が一番大きな催事だ。ヨットやカヌーの海マッチをさせてくれ、のち幼稚園に戻ってキャンプファイヤーやお身の回りとの熟睡とワクワクすることばかりだ。ところが、お泊り保育が残り3日光と迫ったら担任のインストラクターから意外な言葉があったのです。それは、お空模様の行い。空模様見込みはくもり〜日本晴れとなっています。ところが、「空模様が良くてもはやりが良い場合はストップに罹る場合があります」との行い。その場合は、真昼から近くの水族館へと移り変わりとなるそうです。自然の物事なのでこっちが決められないのですが、せっかくなので海へ行かせてあげたいものです。
また、乳児もお泊り保育おとといとなった前日園内で微熱があったようだ。今日は念のため幼稚園を休ませてある。元気なのですが、無理をすると明日のお泊り保育に行けないかもしれないと思ったからだ。空模様も乳児のボディーもばっちりで嬉しいお泊り保育になりますように。

明日の空模様とこどもの体調にヒヤヒヤしていらっしゃる