終業後の自分とM・Tと人員N・H間での対話

「機具は翌日も扱うから洗い終わったら全額車内に戻しておいてください」
 場当たり的な手ほどきだけ出すとN・Mは一足短く母屋へと入ってゆく。
「皆さん、あとは己がやっとくから風呂入ってきて」
 途中でN・Hが意思を利かせて、洗った農機具を自ら片づけてもらえると言うので門下生たちは庭先で一斉に足袋を脱いで我先にと母屋へ入って出向く。
「人使い荒いっすよね、あの人」
「直ぐになんだよな。こちとところ洗いざらい初めてだっつーのに……」
S・KとN・Tは誰に聞こえみたいが放置と言わんばかりに不平をぶちまけながら着替えを取り去りに行った。M・TがまったくN・Hの近くで始末を手伝っていたのであたいはサンダルに履き替えた上、二人の元へ折り返す。
「あのコンビは癇心頭みたいだけど、M・T氏とA・I氏は偉いよね。己の予想では両者とも大志があるしほぼ、現れるような意思がしてる」
「遠退けといた方がいい。かつてあいつらは大志弱いだし、まともに注意したところで無益に仕上げるだけだよ」
「まとまらなきゃまとまらないでキツいけど、ウチところ中心でやってくしかないのかな」
「そうするしか弱いだろ」
 仮に友人友人とは言え、昔の誼ですとか幼馴染みなどというフィルターを外さなければ道場ではあぶれてしまうかもしれない。それは分かっているのだが、間の進め方と共にお互いにリライアビリティが薄れて赴き、少しずつ原動力やスキルに差がついて行くのはひとりでに侘しいような気もした。

終業後の自分とM・Tと人員N・H間での対話