サウスティックアルパリノの支配人のもう少し詳しい話などをします

年齢は、86歳で、人の話を聞くのが、上手い人です。主人公たちは、もう少しゆとりが、あるのなら、先に、ぺットのうさぎポルースを探したい所なんですが、そんな疲れてる状態で、探しても、能率よく探せなさそうだし、ちなみに、疲れて倒れたりなんて、もししてしまったら、回復するまでに、余計に時間がかかってしまうので、そうならないために、まずは、宿屋に行くことにします。しばらく歩いていると、街の中央のやや右辺りに、宿屋の看板が見えてきます。商人などが、街の前で、さらに、繁盛させるために、わざわざ、ドアの手前に、出てきている場合も、中には、あるのですが、今回など、宿屋の定員が、ドアの手前に、出てきていて、気を利かせて話かけてきてくれます。疲れてそうだけど、大丈夫かと。主人公たちは、心配かけたくないけど、休みたいので、軽くうなずき、はい、少し疲れてますと言うのです。そういうと、宿屋の中に、案内されて主人公たちは、休むのです。ミュゼ ヒゲ脱毛

サウスティックアルパリノの支配人のもう少し詳しい話などをします